AEDの知識をつける

AEDを使用のための準備

命を救うAEDについて

最近、駅のホームや公共施設、大型ショッピングモールなどにAEDが設置されております。また誰が見てもすぐに設置場所が分かるようにシールも貼ってあります。この装置の正式名称は自動体外式除細動器であり、倒れた人に対して電気ショックを与える事で心臓の働きを戻します。企業によってはこのAEDを用いた救命救助講習を社員に対して実施しております。通勤中や業務中に人が倒れた場合には躊躇せずに使用して下さい。早ければ早いほど効果が高くなります。この装置の耐用年数を知りたい場合には、インターネットでカタログを検索して確認して下さい。

パニック防止の使い方、カタログ

AEDを使えば人の命を救える確率が急上昇するということはよく言われていることです。自動車教習所や学校で解説を受けたことがある人も多いと思います。ただ、実際に使える機会が来る人というのは限られているというのも事実です。だからこそ、本当にそういった場面に遭遇してしまった時にパニックになってしまうのです。そうならないためにも、まずはカタログで基礎知識を身につけておくことが必要になります。基礎知識として一番重要なのは、ふたを開ければいいということです。AEDを準備できたならば、ふたさえ開けてしまえばあとはそのまま音声ガイドに従えばいいのです。ですが、やはり一番いいのはきちんと使い方を覚えて、緊急時の対処を覚えておくことだということを忘れないようにしましょう。

AEDの役割と使用の情報